クラウドソフトによる効率化

クラウドソフトの活用をお手伝いします。
便利で安価なソフトがどんどん出ています。
業務をどれだけ高率的にできるかは、今後、同業他社と競争していくうえで、必ず取り組まなければならない課題です。
Real & Cloud グループでは、クラウドソフトの導入コンサルティングを低価格で行っています。

 

会計ソフト

クラウド上にデータを保存し、ログインすることでどこからでも確認・作業が可能になります。
また、データ連携に強く、銀行口座・クレジットカード・レジデータ等の自動取込が可能です。
これにより、業務効率は、50~80%の軽減が可能です。

・MFクラウド会計・MFクラウド確定申告

MFクラウド会計
2014年4月の設立後、2019年にマザーズ市場に上場承認も受けたクラウド会計ソフト大手。
会計準則に忠実で、税理士からの支持が一番大きいソフトです。
5名までの会社であれば、給与計算・請求書・経費精算・マイナンバー管理もついて月額3980円のプランもあります。

◆料金
確定申告(個人向)・・800円/月(年間一括払い:8,800円)
法人向・・・1,980円~2,980円/月(年間一括払い:21,780円~32,780円)

 

・freee

フリー
2012年7月に設立。スモールビジネスに特化し、クラウドソフトのシェアNO.1。
簿記の知識がない人でも簡単に入力できるように設計されており、経理初心者でも安心です。他方で、税理士等からは、簿記に忠実でないので、分かりにくいとの声もあります。
確定申告のみならず、法人決算も可能。請求書の発行も付属しています。

◆料金
確定申告(個人向)・・980円~1,980円/月(年間一括払い:9,800円~19,800円)
法人向・・・1,980円~3,980円/月(年間一括払い:19,800円~39,800円)

 

・やよいの確定申告オンライン・弥生会計オンライン

弥生オンライン
会計ソフトNO.1シェアの弥生会計によるクラウドソフト。
製造原価管理には対応していない(別途、クラウドソフトではない弥生会計17の購入が必要)など、クラウド対応にはやや出遅れていますが、徐々に対応が進んでいます。
確定申告(個人向)・・0円~6,000円/月(年間一括払い:8,800円)
法人向・・・26,000円/年

 

POSレジソフト

以前は高価だったPOSレジソフトも、クラウド化により、高機能化・低価格化が進んでいます。
業種・業態により、必要な機能が異なることもあり、必要な機能の洗い出しと各ソフトでできる内容をアドバイスいたします。

・airレジ

リクルートが販売する無料レジ。
無料といっても、高機能で、最低限の機能はすべて整っています。
また、レストラン、美容サロンに特化した予約システムも無料。
クラウドソフトとの連携も進んでおり、極めて進んだposレジソフトといえます。

・USEN Register

USENが販売する高機能レジ
飲食店だと、30席以上のお店や複数店舗を展開される方にお勧め。
理美容業界向けの専用レジ(カルテ・顧客管理・予約)も展開しています。
その他、USENでは、お店の開業・運営に必要なサービスをまとめて取り扱っていますので、管理の手間が少なくなります。

 

受発注ソフト

受発注もクラウド管理なら、低価格で効率化が可能!

・corec

コレック

無料で簡単に受発注システムの構築が可能です。
取引先が少ない会社であれば、無料プランでも十分、対応が可能です。
有料プランも、受注システム1,980円/月、発注システム980円/月とリーズナブルです。

・BtoBプラットフォーム 受発注

無料で使える受発注システム。
拡張性があり、小規模事業者から大規模事業者まで活用が可能です。

 

マニュアルソフト

マニュアルをすぐに作成できて、クラウド保存できるから、サービス効率の標準化・高度化が簡単に可能になります。

・teach me biz

ティーチミービズ

綺麗なマニュアルが、
➀ 画像(または動画)
➁ タイトル
➂ 説明
を記載または挿入するだけで、簡単にWEBマニュアルが作成できます。
基本プランで、画像を用いたWEBマニュアルが簡単に作成でき、PC・スマホで従業員が確認・閲覧することができます。
〈料金)
初期費用:100,000円/月
基本プラン:20,000円/月
オプション:5,000円~/月

 

労務管理ソフト

勤怠管理から給料計算、労務手続き、明細発行までを連携することで、労務管理を便利にします。また、会計ソフトとの連携ができれば、より便利になります。
ただし、全てを一つのソフトで自動化することは困難で、組み合わせを行ったり、CSVでの取込を行ったりする必要があります。
また、料金も様々ですので、一番よいシステムを構築する必要があります。

・MFクラウドの給与計算

MFクラウド会計とは自動連係します。
勤怠は、他のシステムとAPIまたはCSV連携をすることになります。
H29.9.10時点で、API連携が可能なのは、
KING of TIME/ジョブカン/CREW CHECKER/Touch On Time/AKASHIの5種類です。
CSV連携可能なソフトは、
CLOUZA/スマレジTIME CARD/Aipo.com/ちゃっかり勤太くん/タブレットタイムレコーダー/シャキーン/レコル
です。その他のソフトは、CSVを加工する必要があります。
社会保険労務事務は、β版ですが、定時決定、随時海底、年度更新の3種類の提出書類の印刷ができます。
労務ソフトへの連携は、Smart HR/労務ステーションの2種類です。
料金は、
1名:無料
2~5名:2,500円/月
6名目から1名につき300円/月
が必要です。

・人事労務Freee

Freee会計と自動連携します。
勤怠は、CSV連携になり、
KING of TIME/ジョブカン/CREW CHECKER/CLOUZA/スマレジTIME CARD/タブレットタイムレコーダー/ が加工なしで、その他のソフトはCSVデータを加工して連携します。
書類は、定時決定、随時改定、年度更新の3種類の提出書類のほか、全銀フォーマット、所得税徴収高計算書などが印刷できます。
料金は、
1名~3名:1,980円/月
4名目から1名につき300円/月
が必要です。
なお、入退社手続きなどに対応したビジネスプランは、別途、見積もりが行われます。

・フリーソフト

スマレジ TIME CARD や Corpus など、勤怠管理が無料のソフトは多くあります。
それぞれ、人数制限や機能制限など特徴があるため、適切なものを選択する必要があります。

・Net de 勤怠・給料・明細

勤怠、給料計算、明細発行が一元で行えるソフトです。
エムケイシステムの社労夢ハウスに登録している社会保険労務士から提供されるソフトで、
概ね、3ソフト合わせて1名300円~500円と、有料ソフトの中では安価です。
社会保険労務手続きは、社労士と連携し、社労士側で行います。

 

請求書発行

・MFクラウド請求書

MFクラウド会計と連携します。
月額0円~12,980円まで、5プランで、ベーシックプランは月額2,980円。
MFクラウド会計・給与・マイナンバー・経費(5名まで)と合わせて月額3,980円のバリューパックもあります。

・Freee会計

請求書ソフトが付属していますので、そのまま会計データに取り込めます。

・Misoca

弥生株式会社の請求書ソフトです。
通数等により、月額800円~10,000円までのプランがあります。
YAYOI SMART CONNECT を利用することで、各種会計ソフトに仕訳を取り込むことができます。

電子契約

電子証明書を付した契約で、書面でかわす場合と異なり、印紙が不要です。
また、郵送が不要ですので、効率化にも繋がります。

・クラウドサイン

弁護士ドットコムが運営するクラウド型電子契約ソフトです。

  1. 士業ワンストップサービスなら、R&Cグループ!
  2. 法律顧問契約のご案内~弁護士法人英明法律事務所
  3. 助成金で会社を強くする!
  4. 378円/1名~ の給料計算
  5. 980円/月~の記帳代行
  6. R&Cは、 会社を強くします!黒字化・経営コンサルティングから労務・助成金まで!
  7. 980円/月~の税務顧問
  8. 建設業の許認可・手続なら行政書士事務所R&C
  9. 一般派遣業の許可申請改正・キャリアアップ対応
  10. 980円~/1名の労務手続き(基本料金なし)
PAGE TOP